血糖値下げる 体重を減らす

血糖値を下げるには体重を減らすことが先決

私の血糖値は現在90前後くらいですが、100の値を超えていた時期もありました。

 

血糖値が100を超えていた時期というのは、やはり太っていた時期です。

 

その時期は体重が、100キロ近くありました。

 

もともと若い時は、それほど太っていなくて、高校時代は最高体重が55キロでした。

 

それが大学〜社会人1年目ころから増え始め、30歳代で80キロを超えていました。

 

元来私は物を多く食べる傾向があり、例えば昼食時にうどんと丼を一緒に食べることはよくありました。

 

しかし高校時代までは、体の新陳代謝と運動で体重が増えることはありませんでした。

 

大学〜社会人にかけて体の新陳代謝能力も落ち、運動不足になり、それでも食事が多いため体重増加となったと思います。

 

40歳代になって職場の健康診断で、血糖値が初めて100を超え危機感をもつようになりました。

 

職場の同僚で糖尿病を患い、失明した事例を目の当たりにして、「自分もこのままではいけない」と思いました。

 

改善としてまず、自宅から職場までを電車を使わずに徒歩で行くことにしました。徒歩で約20分の距離で、少し汗ばむくらいのコースでした。

 

次に夕食を19時までに摂り、その後は何も食べないことにしました。

 

これら徒歩通勤と19時までの夕食で1週間で4キロほど体重が落ちました。

 

さらに昼食も、パンとコーヒーの簡易なものに変えました。

 

結構パン食で空腹にならないことに気づきました。

 

これらのことを続けることで1年で15キロやせ、現在は70キロです。

 

血糖値は現在90前後で快適な状態です。