主食のカロリー、糖分を抑える。

主食のカロリー、糖分を抑える。

血糖値を下げるためには一日に摂取するカロリーや糖分の量を抑えなければいけません。

 

しかし、食事の量を減らす、今まで食べていたものを我慢するということはかなりキツく、ストレスも溜まります。

 

その結果、血糖値が下がったとしても、ストレスで体を壊しかねません。

 

そのため、血糖値を下げるための食事療法に取り組んでも途中で断念してしまう人も少なくありません。

 

また、食事は一日の中での楽しみにしている方も多いので、その部分にストレスを感じてしまうということは精神的にもよくありません。

 

そこでオススメなのが、大塚食品のマンナンヒカリです。

 

マンナンヒカリはこんにゃく加工食品で、わかりやすく言うと「こんにゃくごはん」です。

 

こんにゃくはお米と比べるとカロリーが少ないです。

 

そのため、これをお米と一緒に炊くことでカロリーをカットすることが出来るのです。

 

こんにゃくがお米に似た形で作られているため、一緒に炊くことでかさを増やすことができます。

 

なので以前と同じ量のご飯を食べていても、そのうちの何割かはこんにゃくごはんなので摂取カロリーを減らすことが出来ます。

 

また、こんにゃくはお米よりも糖質も少ないので糖分の摂取量も抑えることが出来ます。

 

味を気にする方もいるかと思いますが、実際に食べてみるとほとんど気になりません。

 

今までと同じように食事をしていても無理をしないでカロリー、糖分を抑えれるようになります。

 

マンナンヒカリを使って主食のカロリー、糖分を抑え、血糖値を下げることが出来ます。