血糖値測定器

血糖値とお酒の関係

血糖値とお酒の関係ですが結論から言うと、お酒は血糖値を下げる効果があります。

 

特に焼酎やウイスキーなどの蒸留酒にその効果があるといわれています。

 

ですから脂質の多いつまみなど食べずにただお酒を飲むだけなら理屈では血糖値は上昇しないことになります。

 

従ってお酒を飲みすぎて糖尿病になったというのは、少し違うことになります。

 

お酒と一緒に食べたものが悪かったということでしょう。

 

お酒を飲むと無性に食べたくなりますが、下がった血糖値を元に戻そうという力が働くからかも知れません。