インシュリン療法

インスリン療法について

血糖値が上がると合併症で糖尿病などを引き起こす原因となるため、化学療法では第一選択としてインスリンを打つことが必要不可欠となります。

 

特に、血糖値は食べ物にもよるが、甘いものを多く摂取するとかなりの高い水準で血液検査をすると食後2時間で優に100を超えてしまいます。

 

総合病院などの主治医はまず疑われるとして、尿を取り、1時間ごとに再度尿検査をし、血糖値がどれだけ下がっているかどうかの検査をするように要求することが多い。

 

なぜなら、血糖値が上がってることで他の疾患も疑われるからである。

 

血液検査でよく言われる尿酸値やクレアチニンの値があまりにも高かったり低かったりすると腎臓不全などの腎機能の低下を招いていることも多いからです。

 

その血液検査で問題がなかった場合血糖値が2日間にわたって200とか300というような数値であるならばかなり重症で、糖尿病になる確率が高いです。

 

インスリン注射は欠かせなくなります。

 

主治医とよく相談したうえで、治療を行わなければなりません。

 

インスリン療法は、かなり長い期間において難病ではないが、誰しもが陥りやすい疾患です。

 

特に、高齢者などに多くて、気を付けなければなりません。

 

インスリン療法は途中でやめることが出来ないために血液検査をしながら経過観察をし、治療する必要性があります。