血糖値測定器 個人輸入

毎日の運動で体質を改善

血糖値が高くなりやすい発症頻度としては、ブルーカラーよりもホワイトカラーの職に多いという事実があります。

 

自動車の普及とともに血糖値の高い患者が増加してきているということから考えても、運動不足を解消することが役に立つということができます。

 

では、どんな運動がいいのかというと、安全でかつ効果的なものとしては、歩行、サイクリング、水泳、ジョギングなどの酸素を十分に取り込んで行う有酸素運動、エアロビクスというものがいいのです。

 

エネルギー源として脂肪組織から分解、放出される遊離脂肪酸を利用するために、肥満を解消しインスリンの感受性を高めてくれます。

 

運動をする時間帯としては血糖を下げる作用を期待するのであれば、食後の30分から1時間後に行うのがよいとされています。

 

空腹時の運動では、逆に低血糖を招く恐れがあるので注意します。

 

運動時間については、20分以上の時間を要します。

 

時間がこれよりも短いと、エネルギー源として使われるのが糖質だけとなり、貯蔵脂肪を利用しないうちに運動を終了するということになります。

 

体質改善までのことを考えるのであれば運動持続時間が必要になってきます。

 

また運動は1年を通じて行う様な必要があります。

 

手軽で飽きないことが求められるので、歩くことなどは最も適しているといえます。

 

 




 

(大阪府 とりやまさん)